今すぐ借りたい方のプロミス

今すぐでもお金が必要となってしまった場合に注目をしておきたいのが、プロミスのキャッシングです。プロミスはSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が展開、提供をするカードローンサービスで、消費者金融での小口の貸付を主としています。

 

プロミスで借りよう

 

小口とは言っても数千円などではなく、初回の契約時に関しては10万円や20万円程度の融資は十分に可能としています。審査の結果となるので収入があまりにも少ない方、総量規制の範囲で貸せる金額が限られてしまう方はさらに少ない5万円などの数万円となる場合もありますが、平均してみると10万円程度は十分に借り入れが可能です。

 

普段の暮らしの中で急に必要になったお金、食費や家賃や光熱費の支払いなどで現金が必要であればその程度の金額が借りられれば十分です。余計な大きな金額を借りても返済が負担となるだけなので、必要最低限の借り入れに留められると前向きに考えれば、プロミスの初回限度額がそこまで大きくならないのは利点と言えるでしょう。

 

とにかく審査が早いプロミス

プロミスは初めて借りる方でも、審査回答が早い、審査時間が短いのがメリットであり強みでもあります。ネットでスマホでもパソコンでも申し込みが行えるWeb審査は最短30分の回答時間となっており、すぐに審査結果を知りたい方でも安心ができます。

 

申し込みをしても必ず借りられるわけではなく、審査の結果でOKとならないと借りられないプロミスをはじめとする消費者金融や信販系、銀行のカードローンキャッシングは、緊急でとにかく素早く現金融資を受けたい場合には借りられるかの審査結果を早めに知りたいものです。

 

借りられるとしてもいくらまでなら融資が可能か、どの程度の金額までなら限度額として設定がされるのかは今後の資金計画を立てる上でも早めに知りたいので、審査時間が最短30分となるプロミスは急ぎといった大きな希望を持つ方に適するカードローンとなっています。

 

審査とは別の診断もある

審査結果は借りられるかの結果となりますが、それとは別にプロミスでは借り入れが可能かを診断できる借り入れ診断が公式サイト上に用意されています。簡単な入力項目で借りられるかの目安がすぐに画面上に表示がされるもので、情報の入力から結果の表示までは1秒や2秒、かかっても3秒程度の数秒の非常に素早く手軽に利用ができるツールとなっています。

 

名前や住所、電話番号などの入力はしないため、プロミスの借り入れ診断の利用においては信用情報機関への情報照会は行われません。つまり、何回診断を行っても信用情報には履歴は残らないので、複数回診断を行う意味があるかは別として気軽に利用ができるのは大きなメリットとなります。

 

診断でOKとなってもプロミスのネットで受ける仮審査がOKとなるわけではなく、年収や他社の利用状況に問題がない範囲だとしても、信用情報機関に悪い情報、ネガティブな情報が記録されてしまっていると診断ではOKでも審査ではNGとなる場合があります。

 

ただ、逆に診断でOKとならないような状況ではプロミスで受ける実際の審査でOKとなる、審査基準を満たして通過ができるといった可能性は低いので、診断は借りられるかの目安に使うよりも、プロミスの最低限の申し込み基準や利用基準を満たしているかの確認程度に捉えておくと役立つでしょう。

 

多くの申し込み方法がある

借り入れ診断に関してはインターネットでのWeb上に限定がされるサービスですが、実際のプロミスの申し込みに関しては様々な多くの方法で行えるようになっています。診断結果を確認してそのまま公式サイトから各同意事項を確認してWeb申し込みとしても良いですし、その他の方法で進めるのも自由です。

 

ネット以外となると比較的早いのが、プロミスの契約機を利用する方法です。プロミスは大手の消費者金融である分だけ無人の自動契約機の設置数が多く、カバー地域が非常に広くなっているので、日本全国の都道府県で素早く申し込みが進められます。

 

人口が多い地域、人通りの多い場所であれば多数の契約機の設置があり、大都市の東京都や大阪府には一つの市区に契約機は多くひしめいています。ただ、他の地域でもプロミスの契約機が多数設置がされているところがあり、地方に関しても富山のプロミスを見ればいくつかの契約機があるのが分かります。

 

契約機での申し込みならその場でそのまま契約手続きも進められ、土曜や日曜などの週末でも営業、対応をしているので週末にお金が突然必要になっても安心です。店舗のサービスプラザとなると平日の営業に限られ、さらに夕方には店舗が閉まってしまうために何かと不便ですが、契約機は平日も土曜も日曜も、または祝日や祭日でも21時まで最短即日回答の審査が受けられるので困ったときに助かります。

 

契約機を利用するとしても

プロミスの契約手続きやカードの受け取りを契約機で進めるとしても、じつは申し込みはネットで行った方が良いとされています。理由としてはいくつかあり、何れにしてもネットでの申し込みは手間や無駄が省ける、時間が節約できるといった面で強みです。

 

プロミスはネットで申し込みなら最短30分の審査回答で、審査結果の連絡はメールや電話となります。ネットでプロミス公式サイトから申し込みを行った後は、審査結果が届くまで仕事をするにもカフェで一服をするのも、寝るなり休憩をしてても問題ありません。

 

これが契約機での申し込みとなると無人の契約コーナーの中で審査結果を待たなければならず、待った審査結果が希望通りの内容となっていなければ、それは全てが無駄になってしまう瞬間です。ネット申し込みなら無駄となるのは審査の待ち時間だけですが、待ち時間は自由に使えるので結果として多くの無駄が省けるようにもなります。

 

申し込みから審査、契約までを効率的に無駄なく、そして早くに進めると考えるなら、プロミスにおいては申し込みはパソコンやスマホでのネットで、その後の契約は近くの契約機で行うのが理想です。この方法であれば平日の夕方や土日でも最短即日融資での借り入れも可能となるので、希望内容の一番に早さ、当日中の借り入れを掲げている方も納得のカードローン利用を可能とします。

 

平日昼間なら振り込みで借りられる

プロミスは平日の昼間の時間であれば、契約機まで行かずとも当日中に銀行振り込みでの借り入れも可能です。平日14時までのWeb契約完了が条件となりますが、しっかりと時間内に手続きを終えれば店舗や契約機に行かずとも、指定の銀行口座宛の振り込みでの融資を行ってくれます。

 

銀行振り込みならその後に近くのコンビニATMからお金を下ろせばよいので、プロミスカードが届く前でもお金が借りられます。カードの到着を待ってからの借り入れとなると数営業日もの日数がかかりますが、Web契約後に振り込んでくれるサービスなら初回借り入れも早いです。

 

時間外となると翌営業日の扱いとなってしまいますが、プロミスは独自サービスの瞬フリがあり、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座をお持ちの方なら24時間最短10秒での振り込みも行ってくれます。

 

通常の銀行振り込みでは対応ができない曜日や時間でも来店不要でお金が借りられるので、急ぎでお金が必要でプロミスの契約機を利用したくない、指定金融機関の本人名義の普通預金口座があるといった方は、瞬フリでの振り込みキャッシングの利用も考えてみましょう。

 

分からないことは店舗で相談も良い

プロミスのカードローンキャッシングを利用する上で、分からないことがあれば店舗で相談をし、確認をしておくべきです。特に気をつけたいのは普段の利用における借り入れと返済で、返済に関してはプロミスでは毎月の返済期日に約定返済金額の入金を行うので、返済金額がいくらなのか収入から考えて無理がないかは事前に見ておかなければなりません。

 

プロミスは審査で収入に応じた枠しか貸付を行いませんが、それでも使い方によっては返済が大きな負担となる可能性があります。返済が負担となるとせっかくの便利なプロミスのサービスも台無しになってしまうので、支出も考えてバランスよく、無理のない返済計画でキャッシングの利用ができるようにしなければなりません。

 

初回融資での借り入れから返済、完済までの流れは初心者の方は特にしっかりと知っておかなければならないので、近くに店舗がある地域にお住まい、お勤めの方はプロミスの店舗であるサービスプラザの利用を考えてください。

 

サービスプラザは全都道府県にあるわけではなく、北海道のプロミス札幌での設置や、東京都の港区など、設置場所は限られてしまいます。近くに設置がある地域の方は恵まれた環境、プロミスで借りるに適した地域であるともいえるので、契約においては利用をしてみるのも手です。

 

また、契約中に関しても一括での返済を行いたい場合に完済金の確認、支払い、各書類の発行等も受け付けてくれるので、プロミスの店舗が近くにあるならより便利で頼れるサービスとなるのです。